病棟

人類の生命を脅かす脳梗塞|病魔を倒す為の治療方法

早期発見が鍵となる

カウンセリング

胃の調子がなんとなく悪くても胃がんになっているとは考えない人がほとんどです。そのために、定期健診などで発見されるまで気がつきません。早期発見するためには、胃の調子が悪い場合に医療機関を受診して、検査を受けることが大切です。

詳細

胆管の悪性新生物

女性

肝臓で生成された胆汁の通過する胆管にも、がんは発生することがあります。この胆管がんは、できる部位で名称に多少の差異があります。このがんの初期症状としては、黄疸が代表的で、発熱や食欲不振なども引き起こします。手術や薬物治療、放射線治療を駆使して、治療に取り組んでいます。

詳細

家で最期を過ごす人が増加

看護師

世田谷区で在宅医療を受けたい場合は入院先の病院か、区役所の相談センターに問い合わせると良いでしょう。在宅医療は長期入院より負担額が少なく、自分らしく過ごせるというのがメリットです。今後も訪問診療をする医療機関は増えていくかもしれません。

詳細

前兆にいち早く気がつく

医者

脳血管が詰まる

脳梗塞は脳の小さな動脈が詰まり、そこから先へ血液が流れなくなり、脳の神経細胞が壊死してしまう病気です。脳梗塞は血管を詰まらせる原因によって、以下に挙げる2つの種類に分けられます。1つは脳血栓といい、脳の動脈硬化が進行して、そこに血栓ができて血管が詰まります。もう1つは脳塞栓といい、心臓などの血管にできた血栓が脳へと流れ、脳の血管を詰まらせます。重症の場合は死に至ることもあり回復しても麻痺や言語障害などの後遺症が残ることがあります。発症する前に、顔に歪む、ろれつが回らなくなり言葉がでにくくなる、片方の手足に痺れが起こるなどの前兆が現れることがあります。重症化を防ぐには、このような前兆にいち早く気がつき、一刻も早く病院で受診することが大切です。

動脈硬化が原因

脳梗塞の最も大きな原因は動脈硬化です。高血圧、糖尿病、高脂血症など動脈硬化を進行させる原因のある人は、間接的に脳梗塞にかかりやすいといえます。また脳梗塞の原因となる血栓は心臓にできやすく、心筋梗塞や心臓弁膜症、心房細動などの心臓病がある人は脳塞栓を起こしやすくなります。脳梗塞の一般的な症状は、半身の麻痺や感覚障害、めまい、吐き気や嘔吐、箸が上手く持てない、視野の半分が欠けるなど様々です。また急な意識の低下や呼吸麻痺などが起こりたいへん危険な状態に陥ることもあります。脳梗塞が疑われる場合は、早急に救急車の手配をします。治療には、血管を拡張するための薬や血栓を予防するための薬を用いることもあります。