胆管の悪性新生物|人類の生命を脅かす脳梗塞|病魔を倒す為の治療方法
医者

人類の生命を脅かす脳梗塞|病魔を倒す為の治療方法

  1. ホーム
  2. 胆管の悪性新生物

胆管の悪性新生物

女性

胆管とは、肝臓によって作られた胆汁と呼ばれる消化液の通り道です。普段は胆のうに蓄積され、胆管を通して十二指腸へと運ばれていきます。胆管の上皮が何らかの原因で腫瘍化する事で発生するのが胆管がんです。発生した胆管の部位によって種類が異なり、肝外胆管がんの肝門部領域胆管がん、および遠位胆管がん、そして肝内胆管がんと分けられています。この内、肝内胆管がんは肝細胞がんと同じく肝臓がんの一種として取り扱われます。そのどれもが悪性の腫瘍です。胆管がんはがん罹患者全体の約二パーセントから三パーセントを占めます。世界的に見ても日本は胆管がんの罹患者が多く、特に先進国の中では顕著です。罹患率自体は減少傾向にあります。

胆管がんの中で最も多くみられる症状が黄疸です。腫瘍が胆管を塞いでしまい、行き場を失った胆汁が血管に逆流する事で黄疸を発症します。同様の理由で尿の色が変色する黄疸尿と呼ばれる症状が出る事もあります。これらは胆管がんを知らせる重要なサインなので重要です。この他の症状としては、白色便や発熱、全身の倦怠感、食欲不振と体重減少などがあります。治療法は外科療法、化学療法、放射線治療を組み合わせて行います。この三つの中で最も治癒できる可能性が高いのは外科療法です。腹腔鏡手術は胆汁が漏れ出してしまう危険性がある為、開腹手術での摘出になります。手術の難易度は高く、選択には細心の注意が必要となりますが、他の治療法に比べて格段に治癒率が高いので現在でも積極的に行われています。