家で最期を過ごす人が増加|人類の生命を脅かす脳梗塞|病魔を倒す為の治療方法
医者

人類の生命を脅かす脳梗塞|病魔を倒す為の治療方法

  1. ホーム
  2. 家で最期を過ごす人が増加

家で最期を過ごす人が増加

看護師

訪問診療所を探す方法

最期の時間を自分の家で過ごしたいと考える高齢者は多く、それに伴い在宅医療が広まりを見せています。もちろん定期的に病院に通いつつ、訪問診療を受けることも可能です。病院を退院後に在宅医療を受けたいという場合は、病院にある相談窓口にいる医療ソーシャルワーカーなどの専門家に相談すると良いでしょう。専門家が自宅付近で訪問診療をするクリニックなどを探してくれます。また、地域の支援センターに相談してクリニックを紹介してもらう方法もあります。世田谷区では在宅医療に関する相談を受け付けている電話相談センターを設置しています。医療機関の紹介だけでなく様々な相談に専門家が答えてくれるので、世田谷区で困った時頼りになる機関です。

医師が訪問するメリット

在宅医療のメリットとして、入院を継続する場合の負担額より安いという点が挙げられます。訪問診療は、緊急時を除けば月2回の訪問が一般的です。そして月2回の訪問診療でかかる自己負担額は、1割負担でひと月6,000円から7,000円程で、3割負担で20,000円程となります。緊急訪問した場合は別途かかりますが、最大自己負担額は1割負担で12,000円、3割負担で44,000円です。また病院では落ち着けず不眠になったりストレスが溜まったりしますが、自宅ではそれがないために良い治療結果が出るというメリットもあります。在宅医療を支援している診療所が世田谷区にはいくつもあります。きっと住まいの近くにも診療所があるでしょう。世田谷区役所やソーシャルワーカーを活用しつつ、家で過ごせる方法を見つけてください。