早期発見が鍵となる|人類の生命を脅かす脳梗塞|病魔を倒す為の治療方法
医者

人類の生命を脅かす脳梗塞|病魔を倒す為の治療方法

  1. ホーム
  2. 早期発見が鍵となる

早期発見が鍵となる

カウンセリング

どういう症状か

近年では胃がんよりも肺がんの患者さんが多くなっていますが、日本人の中で胃がんは2番目に多いがんだとされています。中年以降に罹患することが多くて、女性よりも男性のほうが多いです。胃がんの種類として、粘膜下層までを早期胃がん、それ以上の深さまで進行したがんを進行がんといいます。胃がんは初期の状態では症状が出ることが少なく、進行してからも無自覚のこともあります。また、胃の不快感などの症状がでても、胃炎や胃潰瘍などと自己判断してしまう症状が多いので、多くの場合は検診によって胃がんが発見されています。それ以外にもスキルス胃がんというものがあり、このがんは進行がかなり早く転移しやすいことから、発見したときには進行して腹膜へ転移していることもあります。

治療法や予後

胃がんの症状が出た場合も、胃のどの部分にがんが出来ているかで症状が違ってきます。日本は、先進国の中でも胃がんが多い国となっています。また、近年ではピロリ菌が関係しているところが大きいというのが分かっているので、ピロリ菌を除菌することにより胃がんにかかるリスクが減ると言われています。治療は、手術、内視鏡治療、薬物療法が行われていて、ステージによって自分にあった治療法を担当医師と相談するのが大切です。外科手術で胃の切除をした場合は、食生活が変わることになります。胃の切除の場合は、今まで胃を通って食事が腸に流れていたのが、直接腸に流れ込むために色々な症状が起きます。内視鏡手術の場合は、入院期間も短く体への負担も少ないです。